2009年02月05日

ご心配おかけします

ご心配をおかけしています。陸を病院に預け、だいぶ落ち着いたので、簡単に経過をご報告。。。

最近、たまにオエェーーーっと、水やら何やら吐くことがあったんだけど、一昨日あたりから、それがひどい状態に。
息も苦しそうだし、食欲もないし・・・

で、昨日、病院へ。

原因は、何らかの原因(この変の説明は記憶が飛んでしまった・・・)により胃や食道が拡張し、水やご飯がうまく胃まで到達せず、逆流しているということでした。そして、何度も吐いたことによって、肺炎も起しかけている。との事。
肺炎は命取りになります・・・。

と、いうことで、食事(流動食のようなもの)や水は、2本足で立たせた状態で与え、食べた後も、しばらく立った状態になるように、抱えるよう言われ、薬ももらって家に帰ってきました。


でも…

夜ご飯で早速やってみたけど、立たせた状態にされているのが嫌だと暴れまくり、それで吐く…
夜中は苦しくてフセができず、座ったままの状態の時もある・・・
朝は、水を飲んだ後、今までで一番吐き続けて、最後は血まで吐く・・・

もーーー見てられませんでした。
これは、一大事だと、病院に連絡して入院する事になったのです。

【病院で出来る事】

◎抗生剤の点滴をしてとにかく肺炎が悪化しないようにすること。

◎立たせた状態での食餌をする子は病院にもたくさんいるので看護師がやって陸にも慣れてもらうこと。

◎皮下輸液で脱水症状を防ぐ事。

◎場合によっては、胃チューブで食餌。 などなど。

とにかく、どうしても家で看取りたいから入院は嫌だという飼い主さんはいるけど、陸の場合は病院で改善の余地がある可能性が高いから入院を勧めたい。と説明されました。

私たちも、もし、病院に行っても酸素マスクをつけるだけなどの延命治療しか出来ないとか、もう打つ手は無い…という状態であれば、もちろん、家で看取るつもりです。
でも、今の陸は、まだ家で悪化するのをただただ見てるより、病院でやれる事がたくさんあるので、入院させることを決めました。
まだまだ、看取ってなるものかーーーーー!

でも、今朝の陸は、今までの陸からは想像できないくらいに、グッタリ…全く元気もなく、私たちも見てるのが辛かったし、正直、本当に覚悟をしなくてはいけない時がきたのかなとも思っています。

前々から言われてはいたけど、「急変」ってホント急で恐ろしい…。

もちろん、また、「元気じゃーーん!さすが陸!」って退院のお迎えに行くつもりではいますけどね!

でも、遅かれ早かれその時は来るので、陸にお任せしようと思います。


みなさんには、ご心配をおかけしますが。。。

良い報告が出来るように、応援してもらえたら嬉しいです。

りくのこ家も、元気に頑張ります。


ではでは。まとまりの無い文章になってしまいましたが。。。
落ち着いたら、また、みなさんの所にも遊びに行きますので、待っててください☆


↓↓↓
「良くなれ〜」の念を、その1票に・・・。
人気ホームページランキングへ


posted by りくのっこ at 16:16| 陸の闘病日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ペットファースト
【盲導犬サポートSHOP】収益金の一部は(財)日本盲導犬協会に寄付され盲導犬育成に役立てられます。皆様のご協力をお願いしています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。